第二新卒の転職活動!転職理由に「人間関係」はあり?

学生時代の大きな課題として「就職活動」があります。
学年が上がるにつれて就職は現実のものになるため、これまでの学生気分が一変する人もいるかもしれません。

就職活動をするとき、複数企業へ応募することは一般的です。
そのためには、企業説明会は積極的に参加しましょう。
インターンシップを受ける方法もあります。
このように、いろいろな形で情報に触れることにより、自分の適性が見えてくるのではないでしょうか。

内定を受けた企業が複数の場合は、そのなかから選ぶ必要が出てきます。
そのとき、どこを選ぶかによって、今後の人生が決まるかもしれませんね。
しかし、せっかく就職したのに、仕事への意欲が萎えてくる場合もあります。
その結果、転職を意識する人だけでなく、仕事を辞めてしまう人も出てきます。

転職をする時期にもよりますが、学校を卒業して3年以内に仕事を辞める人や、転職を考える人は「第二新卒」と呼ばれています。
こちらの対象になる人は、企業からも注目される存在です。
社会人経験が少ないですが、それ以上に、将来性に期待する傾向があるからです。

ただし、前職を辞める理由によっては応募先企業から敬遠される恐れがでてきます。
退職に至る理由は人それぞれです。
しかし、少なくともネガティブな理由は避けるべきだと考えましょう。
特に、「人間関係」を転職理由にすることは好ましくないのです。

たしかに、職場内の人間関係がよくないと顔を合わせるだけで苦痛になります。
また、円滑なコミュニケーションが取りにくくなるため、業務上に大きな支障をきたすかもしれませんね。
そんななかで、辛抱して働くと心身のバランスを崩してしまいます。
それを防ぐためにも、転職はやむを得ないことです。

ただし、そういった理由を応募先企業にストレートに伝えることは避けましょう。
これは、人間関係の問題だけではありません。
「残業が多い」「給料が少ない」などのマイナス面を感じる場合も同じです。

もし、マイナス部分しか考えられないときは、就職したときの気持ちに立ち返ることをおすすめします。
社会に出るときは「このような仕事をしたい」など、具体的な目標があったと思います。
そのときの気持ちを思い出すことで、今後、進みたい方向が見つかるのではないでしょうか。
そのうえで、「自分のやりたい夢を叶えるために転職したい」といった、前向きな転職理由にまとめることが大切なポイントです。

また、転職理由として、嘘の理由は絶対に避ける必要があります。
なんらかのきっかけで嘘が明るみに出るかもしれないのです。
学歴詐称や経歴詐称はもってのほかです。
なお、前職で失敗した経験を持つ人は、それをプラスに変えていきたいという、積極的な種姿勢をアピールしましょう。